起業失敗にはこんなパターンがあった!

起業失敗のパターンを学ぶ

起業失敗に見られる代表的なパターンと盲点

代表的な起業失敗のパターンに、共同経営者の裏切りがあります。 金銭的なトラブル以外に、派閥をつくったり離反をするなど人間関係でトラブルを起こす人間がいるからです。 会社の資材や資金を持ち出したり、売り上げを隠匿する人がいると起業失敗になります。

起業パートナーの裏切り

最初に起業失敗にこんなパターンがあると、認識する事が成功するためには大事です。
代表的な例として元の同僚や友人と共同経営した場合があります。
信頼したこれらの人物が裏切る行為が多々あるのが実情です。
優秀な人材がいると起業が成功すると思う方に多い失敗例になります。

事業内容や運転資金を含めて、会社の将来に関する展望がおおざっぱだと起業失敗をするパターンに該当するケースが多いです。
事前に細かい内容を決めずに、勢いだけで起業すると失敗する方が多くなります。

販売する商品やサービスが流行ると思ったものが外れるパターンが、起業失敗の原因の一つです。
売れる商品やサービスの0ブームにのると事業が必ずしも成功するわけではないので、事業計画と共に注意が必要になります。

起業失敗の要因として多いのが、初期費用をかけすぎた例です。
無理にテナント料が高い物件を借りたり、店舗の内装などに初期費用をかけすぎる方がいます。
利益を出す前から無理をするのは良くないお金のかけ方です。

自ら仕事をして商品を作成したり、サービスを提供する方が起業失敗をするパターンとして、収益を得る仕組みを考えずに働いている場合があります。
労働時間が無駄に長くなり、収入につながらないので継続できなくなるのです。

全てのパターンに言える起業失敗の共通点は、起業に関する知識が不足している事が原因になります。
準備や知識不足が原因でこれらのパターンに陥る方が多いのが特徴です。

資金などお金の使い方

よくある起業失敗のパターンに、資金などの使い方があります。 無計画に資金を使う事で、事業が続けられなく場合があるからです。 事業内容だけでなく、会社を運用するための資金や売り上げをきちんと管理するようにしないといと失敗しやすく、計画を立ててないとこの原因になるのです。

情報不足が原因

初めて起業する方に多い起業失敗のパターンとして、これに関する情報や勉強不足があります。 どのように準備をするか、事業内容をどう計画するかを含めて情報不足が原因となるのです。 むやみに会社をスタートさせず、事前のリサーチや勉強がかなり重要になります。

TOPへ戻る