起業失敗のパターンを学ぶ

資金などお金の使い方

人の裏切りによるお金のトラブル

起業失敗のパターンに、仕事にかかわる色々な人の裏切りを含めてお金に関するトラブルが見られます。
売り上げを信頼しているスタッフがごまかして自分のものにしたり、持ち逃げをする例です。

共同経営者が社内で派閥を作ったり、離反をして独立して顧客を奪う事が起業失敗につながるケースになります。
売り上げが元の共同経営者が立ち上げた会社に流れることで、経営がうまくいかなくなるからです。

優秀なスタッフや信頼できる共同経営者がいると会社が成功すると思いがちですが、それが裏目に出る場合があります。
信頼しているからと自分で経営状態やお金の流れを把握しないのは良くない例です。
スタッフの様子や会社の売り上げや資金の状況を確認するようにします。

無理な設備投資

見栄を張り高い家賃の物件を借りたり、設備にお金をかけすぎるのが起業失敗のパターンに見られます。
会社が軌道にのる前に、必要以上に高い家賃の店舗を借りたり見栄のために有名な場所にオフィスを借りて失敗する例があるのです。

高い家賃が会社の運営に悪影響があるなら、早い段階で解決する必要があります。
無駄な出費がないか、正常に会社を保つには見直す必要があるのです。
収益があまり上がらない時期に、スタッフを抱えるのは良くない方法になります。

必要以上に会社や従業員の給与に経費をかけるのは起業失敗の原因です。
収益に見合った物件を借りたり、スタッフの人数を調整するように工夫をします。
無駄な出費を抑えるのは会社を維持するのに必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る